中学受験をする家族

中学受験をして志望校に合格したら、明るい将来が約束されると思っている保護者の方も多いと思います。
しかし、そのようなことは必ずしもあるとはいえません。

この長い人生、思いもよらない事態が起こることもたくさんあるでしょう。
志望校合格が最終地点ではありません。そこはただの通過点に過ぎないからです。
もし中学受験に落ちたからといって、将来が終わってしまいお先真っ暗だと思うのは大きな間違いです。

中学受験とは親が決めた受験がほとんどだと思います。
自分の子供のためを思い、将来立派な道を歩んでいってほしいと気持ちの第一歩が中学受験です。
そんな親の期待を一身に受けて、子供たちは毎日友達と遊ぶことを我慢して必死に勉強をしていくのだと思います。
しかし、もし受験に失敗するようなことになったら、落ち込むわが子をちゃんと励ますことができるでしょうか。
むしろ親の方がガッカリしてしまい、その態度に子供は傷つくかもしれません。

「うちの子はよくやったし十分頑張った」と褒めてあげ、この失敗をバネにして強く育ってほしいと思えたら、子供にもその気持ちは届くかもしれません。
支えていく立場として、親は子供の気持ちを一番に考える必要があるのです。